ドクター

尿漏れの原因を知る|症状に合った改善法!

尿失禁はなぜ起きるのか

カウンセリング

4つのタイプに分かれます

中年を過ぎると、尿漏れに悩む人が多くなります。尿漏れは尿失禁とも呼ばれ、自分の意志に関係なく尿が漏れてしまうことで、大きく分けて腹圧性尿失禁、切迫性尿失禁、溢流性尿失禁、そして機能性尿失禁の4つのタイプがあります。このうち腹圧性は文字通り、お腹に力が入った時に起こるもので、女性に多く見られます。切迫性は急に尿意を催し、それが我慢できず尿漏れを起こすことで、脳疾患で排尿をコントロールできない場合や、前立腺肥大が原因で起こる場合があります。溢流性は排尿障害が前提であることが多く、これにも前立腺肥大が関わるため、男性に特に多く見られます。また機能性は、前提となる病気はないのですが、運動機能の低下や認知症が原因で尿漏れが起こるものです。

治療方法と骨盤底筋体操

尿漏れが起こった時は、まず泌尿器科を受診するようにしましょう。そこで問診と検査が行われます。検査は、尿漏れの原因の病気がないかどうかをチェックするのが主な目的で、もし原因となっている前立腺の病気などが見つかった場合は、まずそちらの治療を行います。他にも、副交感神経や受容体などに働きかける薬物を処方することで、尿漏れが止まることもあります。また手術が行われることもあります。手術の場合はTVT手術といって、尿道の下にメッシュテープを通す方法がよく用いられます。腹圧性尿失禁の場合は、骨盤底筋を鍛えることにより、尿漏れを改善できることがあります。特に尿道の周囲にある外尿道括約筋や骨盤底筋群を鍛えることによる、妙漏れがかなり抑えられることもあります。

尿が漏れると感じたら

病院の廊下

尿失禁は尿が漏れてしまう症状をさす名称で、腹圧性、切迫性、溢流性、機能性の四種類にわけられる。腹圧性のものや切迫性のものは薬や筋トレ、手術などでかなりの改善効果があるので早めに受診するのがおすすめである。生活の質に影響を与えるので、早期に対応するのが望ましい。

More Detail

出産後に起きる病気とは

下を向く女性

出産後に尿漏れの症状が出る女性がいます。これは腹圧性尿失禁といい出産経験者が90%を占める病気です。更年期に入った女性にも多くなっています。運動や機器を使った治療を行います。また肥満や便秘にも注意することが必要です。過活動膀胱炎も女性が発症しやすい病気です。

More Detail

尿トラブルを感じたら

カルテ

尿トラブルの中に過活動膀胱という病気があり、泌尿器科で適切な治療を受けることによって改善することのできる病です。女性には行きにくい泌尿器科ですが、埼玉には女性専門の泌尿器科外来がありますので、恥ずかしからずに相談しに行くことができます。

More Detail